連番データ読込スクリプト_ImportFolder

ポストに返信
アバター
高木宏紀
記事: 465
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

連番データ読込スクリプト_ImportFolder

投稿記事 by 高木宏紀 » 水 7 18, 2018 4:17 am

WhiteKeyを公開した際に予告していたカスタムパネルを1つ公開します。

日本国内のデジタル動画・仕上げデータの納品仕様に沿った静止画連番データ・フォルダの読込用カスタムパネルを作成しました。
カット名フォルダの中に各セル(レイヤー)のフォルダがあり、その中に静止画連番データがあるという仕様になっている際に連続してフォルダを読み込みます。
最初に指定したファイルと違うサイズのデータがあった場合は、読み込むか飛ばすかを選択できる仕様にしています。

パネルの方は連続して使用する可能性の高い「White Key」とセットにしています。
ソースファイルの方も同時に公開します。

本プログラムの利用に関してですが、
・二次配布・改変は自由に行っていただいて構いません。
・元のプログラムの著作権は放棄しません。
・サポートはWIT STUDIO 高木が個人で対応できる範囲内であれば、対応します。
にてお願いします。

[19/09/30追記]
190930版の公開をもって、180718版の公開を終了しました。
最後に編集したユーザー 高木宏紀 [ 月 9 30, 2019 8:14 am ], 累計 3 回
TVPaint 11.0.9, Windows10 Pro, DELL Precision M3800 / Mac OS 10.14, Apple Mac Pro(Late 2013)

アバター
高木宏紀
記事: 465
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

Re: 連番データ読込スクリプト_ImportFolder

投稿記事 by 高木宏紀 » 月 3 11, 2019 9:58 am

ImportFolderのカスタムパネルを更新しました。
かなり複雑な分岐が発生するプログラムになったので、一旦こちらはベータ版扱いで公開します。
追加機能としては
・読込対象を親フォルダ/現在のフォルダ選択式に
・親フォルダにJSONファイルがあった場合、それを使うか使わないか選択式に

また、前バージョンのバグ修正として
・連番画像の番号をチェックして結合する形に変更
しました。従来のバージョンはシーケンス画像の場合連番として読み込む仕様にしていましたが、
欠番があった場合正常に機能しない、連番でなかった場合重複処理されてしまう問題があったので、
1枚1枚読込・確認・連番だった場合のみ結合する方法に変更しています。
その結果、処理時間が長くなりましたが、ご了承下さい。

なお、選択ミスで「親フォルダ」が大量の子フォルダがあるフォルダを指定してしまった場合に
TVPaint自体のプログラムが強制終了するケースを確認しています。
(回避策がないか検討中)
使用時、開いているプロジェクトは保存しておく等の予防策をした上で、実行して下さい。
JSONファイルのタイムライン反映ですが、現状TVPaintからの出力の復元のみに対応、
カメラワークはTVPaint側の都合で1フレーム単位で位置・スケール・角度が入力される形になります。
添付のGeorgeを一部書き換える事で別ソフトウェアからの復元も対応可能になると思いますが、
JSONデータの有無の場合分けであまりきれいなコードにはなっていないので、不明な点があればお問い合わせ下さい。

[19/09/30追記]
190930版の公開に伴い、190311版の公開を終了しました。
最後に編集したユーザー 高木宏紀 [ 月 9 30, 2019 8:14 am ], 累計 2 回
TVPaint 11.0.9, Windows10 Pro, DELL Precision M3800 / Mac OS 10.14, Apple Mac Pro(Late 2013)

アバター
高木宏紀
記事: 465
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

Re: 連番データ読込スクリプト_ImportFolder

投稿記事 by 高木宏紀 » 月 9 30, 2019 8:11 am

ImportFolderのスクリプトを更新しました。
こちらはかなり大がかりな内容になっており、バグの可能性がある要素が多いので引き続きベータ版扱いです。
(前回・前々回のバージョンは公開終了にします)

・前バージョンで対応できなかった文字列(スペース、ピリオドを含む)のフォルダ・ファイルに対応
・「親フォルダ」に2つ以上のjsonデータがあるケースに対応 ※兼用カットのケースを想定
・TVPaint11.0.9の更新で対応された「繰り返し画像」がjsonで記述されるようになったのを反映 ※TVP→他ソフトで絵だけ加工→TVPのケースを想定
・CLIP STUDIO Paintからのタイムライン引継(xdts+画像の読み込み)に対応しました。現状原画動画欄のみ反映されます。 ※逆方向の受け渡しには現状非対応
・親フォルダの選択ミス対策で、50以上のサブフォルダを確認できた際に「それでも続けるか」を表示する形にしました
・jsonの記述順で動かないケースが出る等の、その他いくつか確認できた不具合を潰しました

[基本説明]
190311_ImportFolder.png
[本バージョンでの改良点]
ImportFolder説明_190930.png
多くの方に使っていただいて、不具合を潰していければと思います。

[19/10/01追記]
解説ビデオをYoutubeにUpしました。


[19/12/04追記]
本カスタムパネルの基本機能説明を削除してしまっていたので、再掲しました。
添付ファイルを見るには登録またはログインが必要です
TVPaint 11.0.9, Windows10 Pro, DELL Precision M3800 / Mac OS 10.14, Apple Mac Pro(Late 2013)

ポストに返信