【終了】マイケル・マテジ来日セミナー

TVPaintと関係なく、好きな主題について投稿することができます (To talk about anything else)
ポストに返信
アバター
ex-T_Z
記事: 534
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: 帰ってきたMac mini

【終了】マイケル・マテジ来日セミナー

投稿記事 by ex-T_Z » 木 1 10, 2019 1:22 pm

米ディズニースタジオ・ドリームワークスインストラクター、北京大学「世界一流大学創建計画・985 project」アニメーション文化学講師にして「フォース・メソッド」ワークショップを主宰するマイケル・マテジ(Michael Mattesi)氏初の日本ワークショップが開催されます。
画像
画像
 

コード: 全て選択

https://cgworld.jp/news/event/1901-plusone-mattesi.html
『フォースドローイング ワークショップ』1月12日(土)-13日(日)、19日(土)-20日(日) 11:00 - 18:00
会 場:東洋美術学校(東京都新宿区富久町 2-6)
参加費:30,240 円(税込)
フォースドローイング ワークショップ -Force Drawing Workshop-
〜人体のフォースを見る、分析する、描く! Learn to see, understand and draw FORCE in the figure!〜

内容:
人体のフォースを見て取り、フォースの働きと、それがドローイングに躍動感・生命感を与えてくれることを理解します。
  1. 人体に流れるリズムと躍動感のある人物ドローイング
  2. 四点透視法を利用した、フォースのある人物の描き方
  3. シェイプのデザイン(アニメーション業界で言うところの「アピール」)
  4. 頭、目、手 = ドローイングプロセス(学ぶ、見る、体験する)
  5. フォース以外のライン - 自転車速度のコンセプトを利用
  6. スピード = 遅すぎるとフォースを実感するのが非常に困難
  7. 個々のスピードを見つける
  8. ディレクショナルフォースとそのパーツ
  9. ソフトな筆遣い - カーブの頂点でフォースを感じる
  10. リズム
  11. 「紙上でのスケート」演習(添削実技)
講義で使用する画材について

以下の画材は教室にて用意しますが、必要があれば各自持参して下さい
  • B3スケッチブック
  • 9B グラファイト鉛筆
  • イーゼル
画像
画像
画像
 
都会暮らしで参加資格を有する業界・教育関係者が羨ましい…
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

ポストに返信