白抜きスクリプト_WhiteKey

ポストに返信
高木宏紀
記事: 324
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

白抜きスクリプト_WhiteKey

投稿記事 by 高木宏紀 » 金 7 13, 2018 3:29 am

完全に日本のアニメ業界仕様の為のカスタムパネルを1つ公開します。

現状、日本国内のアニメ制作(仕上げ工程)では、24bit(アルファチャンネルを使用しない)TARGAデータを受け渡しのメインで使っており、
透明部分を完全な白、8bitカラーRGB(255,255,255)で代替しています。

RETAS STUDIO PaintManでは、これに沿う形で自動的にRGB(255,255,255)を透明として認識する動作が行われますが、
TVPaint上ではその対応はされない為、この仕様のデータを取り込んで重ねも確認しながら作業をする必要がある場合、
最初にFXスタックの「カラーキーヤー」を使って、取り込んだすべての素材を「白抜き」する必要があります。

この操作を1ボタン(1ショートカット)で可能にするカスタムパネル「WhiteKey」を作成しました。
WhiteKey説明_180713.png
レイアウト等、白をキーイングしなくて良い素材も取り込む際に混ざると思うので、「非表示のレイヤーは適用しない」ルールにしてあります。

著者(WIT STUDIO 高木)の持っている環境(Windows7ならびにMac OS 10.13)で動作確認済です。
プログラム中、FXスタック用のbinデータをTEMPフォルダに一時作成しますが、この内容が日本語での仕様になっており、
英語・仏語の環境で使用するにはプログラムデータの書き換えが必要になります。
そのため、カスタムパネルのデータ(.tvpx)とプログラムデータ(.grg)の両方を公開します。

本プログラムの利用に関してですが、
・二次配布・改変は自由に行っていただいて構いません。
・元のプログラムの著作権は放棄しません。
・サポートはWIT STUDIO 高木が個人で対応できる範囲内であれば、対応します。
にてお願いします。

また、本プログラムの作成にあたり、英語版フォーラムに何度か投稿をされているiniさんにご助言をいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

本スクリプトで使用される可能性が高い局面として、「TP修正」と俗に言われている仕上済データからの作画修正を想定しています。
既に公開済の「ExportJsonAuto」「ExportFrame」の「白背景付きTGA出力」と組み合わせて使う事で作業を効率化できると思います。
現在、本操作をする前に確実に行われるであろう動作(連番ファイルの連続読込)に関しても1ボタン化できないか、取組中です。
目処がつきましたら、こちらも公開させていただきます。
添付ファイルを見るには登録またはログインが必要です

ポストに返信