ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか-Réduire le ratio du zoom

ソフトウェアに関する質問、バグ報告、機能の使い方など
ポストに返信
高木宏紀
記事: 337
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか-Réduire le ratio du zoom

投稿記事 by 高木宏紀 » 木 7 19, 2018 10:14 am

スタジオに入られているフリーランスのアニメーターさんから問い合わせがあったので質問します。
キーボードショートカットで設定できるズームイン/アウトですが、設定上

1, 2, 2.5, 3.33, 5, 6.67, 10, 12.5, 16.6, 20, 25, 33.3, 50, 75, 100, 150, 200, 以下1000%まで100刻み
にて固定されているかと思います。この刻みが使いづらいとの意見がありました。

紙と互換性のあるレイアウト用紙のサイズが、キャンバス50%と75%の間、カメラが75%と100%の間になりやすいのが
使い辛い主な理由と考えられます。
(まだ紙の比率が高いので、モニタで作業するスタッフの都合合わせでレイアウトサイズのルールを決める事はできません)

Alt+右クリック+左右ドラッグ、ないしズームウィンドウ右下のボタンの左右ドラッグで自由にズームウィンドウのサイズを設定できますが、
こちらはショートカットで設定する事ができません。

ブラシサイズの件と同様、Georgeで上記とは異なる刻みのズームイン/アウトできる仕組みを作ろうかと思ったのですが、
ズームウィンドウの制御に関してはTVPaintWiki上には記述がなさそうでした。
こちらの件、何か対処方法はないでしょうか?
ちなみに問い合わせをいただいた方はG-13というゲーミングパッドを使っており、「ズームイン」「ズームアウト」をスティックの
「左」「右」に割り当てして使おうとしていました。
20180719.png
20180719.png (419.84 KiB) 385 回 表示
ユーザー、開発両方からご意見をいただきたいです。
よろしくお願いします。

Translation : :
J’ai une question de la part d’un animateur freelance.
Dans TVPaint, les raccourcis pour zoomer/dézoomer ont le ratio suivant :
1, 2, 2.5, 3.33, 5, 6.67, 10, 12.5, 16.6, 20, 25, 33.3, 50, 75, 100, 150, 200, puis de 100 par 100 jusqu’à 1000%

Nos layouts se basent sur leur taille d’origine en version papier donc nous avons besoin de zoomer soit entre 50 % et 75 % sur le plan de travail, et entre 75 % et 100 % pour la caméra.
(on utilise encore beaucoup de papier donc on ne peut pas baser nos layout sur la taille de l’écran)
Dans l’état actuel, ce ratio est beaucoup trop large donc difficile à utiliser.

Aussi, lorsqu’on utilise le raccourci Alt+clic droit+drag, on peut zoomer/dézoomer comme on veut. Cependant il n’est pas possible d’assigner ce raccourci à une autre touche.

Je pensais pouvoir régler ce problème avec un script comme je l’avais fait avec le script George pour faire agrandir/rétrécir la taille de la brosse comme dans Photoshop :
viewtopic.php?f=15&t=330

Cependant, je n’ai pas trouvé les commandes George dans le wiki qui permettraient de zoomer/dézoomer et de gérer le ratio. Pouvez-vous me les donner ?
20180719.png
20180719.png (419.84 KiB) 385 回 表示
Je pensais faire un script et attribuer les boutons « zoomer » « dézoomer » aux commandes du stick de la G-13.

アバター
ex-T_Z
記事: 430
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

Re: ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか

投稿記事 by ex-T_Z » 木 7 19, 2018 11:20 am

>高木さん

Photoshop CCでは「スクラブズーム」、クリスタの場合は「初期設定」でズームレンジ(間隔値)、「修飾キー設定」で指定値ごとにマウスホイールまたはゲームパッドのスティック(例えば十字キー左右、RL、AD)に一段階拡大&縮小のショートカットを割り当てられますが、こちらをTVPaint&G-13の組み合わせで実行可能なGeorgeスクリプトを組みたい、と言うご要望で合っているでしょうか。
 
 
>メンゼンさん
 
「修飾キー操作をマウスホイール・G-13・XBOX・任天堂Switch等のゲームパッドジョイスティックに割り当てる」設定例としてCSPフランス語版の設定例・静止画向け任天堂Switchジョイコン ショートカット設定の一例を添付します(高木さんの要望に沿うなら『スティック左右にズーム拡大縮小』を割り当て)。
CLIP STUDIO PAINT002.jpg
TVPがiOS版開発をきっかけにやApple Magic TrackPadのジェスチャーをサポートすれば、Mac版でフレームの回転やスクラブ移動による指パラ再現も可能かと。
CLIP STUDIO PAINT002.jpg (111.36 KiB) 381 回 表示
nintendo_switch.jpg
nintendo_switch.jpg (60.83 KiB) 378 回 表示
最後に編集したユーザー ex-T_Z [ 金 7 20, 2018 4:26 am ], 累計 2 回
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

高木宏紀
記事: 337
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

Re: ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか

投稿記事 by 高木宏紀 » 木 7 19, 2018 11:38 am

T_Zさん

そうですね。絵描きでない自分はPhotoshopはctrl-ないしctrl+、TVPaintは<ないし>を使って、
全体が見えない状態でも切りのいい表示倍率で描いてしまいがちなのですが、
(スクラブズームの存在はむしろ忘れていました・・・)
ディテールより収まりを重視して描かれるアニメーターはキャンバスの寄ったり引いたりを、
今回オーダーをもらった方に限らずこまめにされる印象があります。
(そして、余白ができない「自動フィット」は、あまり使われない印象があります。)

想定していた解決法はGeorgeでPhotoshopのブラシサイズ変更と同じ刻みになるスクリプトを作って
段階が適切かを自身で確認してからアニメーターの方に試してもらおうかと思っていました。
スクラブズーム的挙動がゲームコントローラーのスティックに割り当てられる形でも良いかとは思っています。
(Alt,右クリック,ドラッグという異なる3動作の記録がG-13単体で可能かは、自身に実機がないので詰めきれていないのですが…)

アバター
ex-T_Z
記事: 430
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

Re: ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか

投稿記事 by ex-T_Z » 木 7 19, 2018 12:00 pm

>高木さん

TVPaintにもナビゲーターとは別に現在作業中の画像・フレーム全体を表示する「プレビュー」「サブビュー」「ウインドウの複製(クリスタでは『新規ウインドウ』)」があれば良いのですが、1ウインドウフルオペレーションの設計上難しいところです…。
 
 
>メンゼンさん
背景美術・アート系アニメーションを制作される海外ユーザーにとっても、細部の仕上げを400%ズームキャンバスで行いつつ画像全体の出来とバランスを横目でチェック出来るパネルは需要があると思います。
CLIP STUDIO PAINT001.jpg
クリスタには「ナビゲーション」とはまったく別のイメージビューワーが二つあります。

「新規ウインドウ」
 …現在作業中のフレームの全体表示ウインドウを開きます。
 メインキャンバスの編集・修正が随時更新されます。
 メニューバー[ウィンドウ]→[キャンバス]→[新規ウィンドウ]

「サブビュー」
 …外部ファイルを取り込み表示します。
 作画資料として回転・左右反転が行えるのはもちろん、
 色指定資料を開けばカラー情報を拾うことも出来ます。
 開いた画像パス情報は記憶、次に該当データを開いたとき
 自動的に展開されます(無効・リセット可能)
CLIP STUDIO PAINT001.jpg (60.68 KiB) 374 回 表示
 
カスタマイズされたズームレンジは純正周辺機器CLIP STUDIO TABMATEで切り替え可能になります。
TVPaint・Adobe CCでの使用はJoyPadToolなどゲームコントローラ認識+キーコンフィグツールの導入、アプリ側のレンジ拡張が必要になります。

 
Spoiler : CSPフランス語版のユーザー定義ズームレンジ設定 :
プリセット登録された数値のほか、ユーザーごとに好みの間隔・小数点第二位(例:25.01%)まで設定可能です。
CLIP STUDIO PAINT002.jpg
パネル下の定規は『液晶解像度』設定最適化ツールです。
現行モデルのiPadは264ppi・326ppiの2種にわかれます。
CLIP STUDIO PAINT002.jpg (95.75 KiB) 350 回 表示
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

アバター
Lise
Site Admin
記事: 299
登録日時: 金 7 08, 2016 8:22 am

Re: ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか-Réduire le ratio du zoom

投稿記事 by Lise » 金 7 27, 2018 2:51 pm

お世話になっております。TVPaintのリーズです。

開発者さんに相談しました。

現在はズームをGeorgeコマンドで設定することが不可能です。しかし、次のベタ版(とリリース)にコマンドを追加しようとしておきます。

正式的なアップデートまで、キーストロークの登録で対応するのはいかがでしょうか。ズームレンジをカスタムに指定することができませんか、G-13にズームインーアウトのショートカットを割り当てることができると思います。
いかがでしょうか。

念のため、動画を作りました。参考になれば幸いです。

ご不明な点がございましたらお気軽にどうぞ。

よろしくお願いいたします。

リーズ
zoomscript.mov
(21.77 MiB) ダウンロード数: 7 回
Translation : :
Bonjour,

J'ai demandé au développeur.
Actuellement, il n'existe pas de commande George qui permette de contrôler le zoom. Elles seront ajoutées dans la prochaine Beta.

En attendant la release officielle, je vous conseille d'utiliser d'enregistrer des keystrokes donc votre custom panel. Cela ne permet pas de gérer le ratio du zoom mais cela vous permettra d'attribuer des raccourcis à votre G-13. Qu'en pensez-vous ?

J'ai fait une vidéo pour détailler la procédure.

Lise
Lise Menzin (リーズ) TVPaint Team Member (東京駐在員事務所の担当者)

アバター
ex-T_Z
記事: 430
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

Re: ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか-Réduire le ratio du zoom

投稿記事 by ex-T_Z » 日 7 29, 2018 4:11 am

Lise さんが書きました:
金 7 27, 2018 2:51 pm
現在はズームをGeorgeコマンドで設定することが不可能です。しかし、次のベタ版(とリリース)にコマンドを追加しようとしておきます。

正式的なアップデートまで、キーストロークの登録で対応するのはいかがでしょうか。ズームレンジをカスタムに指定することができませんか、G-13にズームインーアウトのショートカットを割り当てることができると思います。
いかがでしょうか。
高木さんの要望(7/29時点)を整理します。
〝ズームイン・アウトのショートカット デバイス登録を行った上で、1ズーム操作のレンジ値を制御可能にして欲しいです。
無段階ズームの割り当てについてはこちらのトピックで解決済ですが、高木さんは現在も消しゴムツールの挙動に関する開発からの回答を求めています
 
  1. 拡大・縮小の規定値・レンジをユーザー定義でGUI(スクリプト)設定可能にする
    より高度な制御(ズーム値とフレーム反転表示を同時に実行etc.)は高木さんの求めるGeorgeで対応
  2. 追加したユーザー定義を含むズーム+・−コマンドをショートカット&修飾キー定義可にする
    クリスタでは利き手に応じたキーマップの左右反転定義もサポートしています(画像上から3枚目)
  3. 以上を他社入力デバイス(タブレットのファンクションキー、TAB MATE・G13Rなどの左手デバイスを含む)に定義可能なGeorgeコマンドを提供して欲しい
     
    Wacomタブレット デバイスドライバでは2までの設定が出来るようになった状態でファンクションキーやデスクトップメニューに「アプリケーション定義」可能になります。
    CLIP-STUDIO-PAINT006.jpg
    CLIP-STUDIO-PAINT006.jpg (66.17 KiB) 146 回 表示
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

高木宏紀
記事: 337
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

Re: ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか-Réduire le ratio du zoom

投稿記事 by 高木宏紀 » 月 7 30, 2018 4:35 am

T_Z様
補足ありがとうございます。

Lise様
現状のズームイン/アウトに関する問題点は

(1)ズームウィンドウの無段階ズームイン/アウトの方法がAlt+右クリック+ドラッグに限定されている事

(2)カスタムパネルで制御できるズームウィンドウのズームイン/アウトの刻みは33.3⇔50⇔75⇔100⇔150⇔200%となっており、
 1920×1080pixelや2560×1440pixelのモニタに対してA4用紙200dpi(2338×1654)、150dpi(1754×1240)を全体表示するのに丁度よい途中の縮尺にならない

の2点です。
(1)が別キーにも割り当てられる
(2)ズームウィンドウのズームイン/アウトを1%ないし0.1%単位でGeorgeで指定できる
ようになると、右手デバイスへの割当等、ユーザーとしては選択肢が増えます。

類似する件として、ズームウィンドウの移動がAlt+ドラッグに限定されている件も、日本国内ではRETAS STUDIOやPhotoshopに通常ないしオプションである
「スペース+ドラッグ」に慣れている人が多い為、オプションとして「ズームウィンドウの移動をスペースキーに割当」があるとありがたいです。
(初期ショートカットの「再生」より使用頻度が高い事が理由です。既存ユーザーの使い勝手もあるので環境設定でのオプションで構いません)

別の投稿で書いたとおり、現在困られていたユーザーの方にはペンでのズームウィンドウ制御をお願いしたので、早急な課題ではなくなっています。

ご検討、よろしくお願いします。

アバター
Lise
Site Admin
記事: 299
登録日時: 金 7 08, 2016 8:22 am

Re: ズームイン/アウトのレンジを狭くできないか-Réduire le ratio du zoom

投稿記事 by Lise » 水 8 01, 2018 1:21 pm

お世話になっております。TVPaintのリーズです。
(1)ズームウィンドウの無段階ズームイン/アウトの方法がAlt+右クリック+ドラッグに限定されている事
CTRL
ALT
Shift
に関わるショートカットを変更するのは不可能です。同じ操作を別のキーに割り当てることもできません。申し訳ございません。
2)ズームウィンドウのズームイン/アウトを1%ないし0.1%単位でGeorgeで指定できる
ようになると、右手デバイスへの割当等、ユーザーとしては選択肢が増えます。
次のアップデートにGeorgeコマンドを追加しております。これでズームの比率を0.1%(他の数字でも可能)を指定することができろようになります。

よろしくお願いいたします。

リーズ
Lise Menzin (リーズ) TVPaint Team Member (東京駐在員事務所の担当者)

ポストに返信