【補足】デジタル・グリザイユ技法

TVPaintと関係なく、好きな主題について投稿することができます (To talk about anything else)
ポストに返信
アバター
ex-T_Z
記事: 428
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

【補足】デジタル・グリザイユ技法

投稿記事 by ex-T_Z » 日 2 25, 2018 4:31 am

こちらのトピックに登場したグリザイユ技法について補足します。
Spoiler : 続きを読む :
アンチエイリアスを切ったベタ塗りブラシとグレースケールパレットを用意しましょう。
色をつけたい部分をグレースケール濃度50%で塗りつぶします。
明るくしたい部分はグレー20〜40%、カゲにしたい部分は60〜70%を目安に濃淡を付けます。
ホワイト・ブラック100%は合成の影響を受けません。
 
a.png
a.png (27.2 KiB) 759 回 表示
 
 
モード「オーバーレイ」新規レイヤーを被せベタ塗りします。
Photoshopのモード「オーバーレイ」に近い合成効果がかかる「オーバーレイ2」を選択すると良いでしょう。
 
ab.png
ab.png (59.99 KiB) 759 回 表示
 
 
ベタ塗りの状況です。意図的にはみ出し部分を残しましたがグレースケール側で描画されていない部分は無視される(彩色されていない)ことがわかるでしょうか?
 
ac.png
ac.png (20.35 KiB) 759 回 表示
 
 
最後にスムージングとディフュージョン効果、その他TVPaint内蔵FXを重ねて完成です。
カゲの彩度を落としたいときは事前に「色の置き換え」「複数色の置き換え」FXを適用して下さい。
 
af.jpg
af.jpg (27.66 KiB) 718 回 表示
 
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

アバター
ex-T_Z
記事: 428
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

Re: 【補足】デジタル・グリザイユ技法

投稿記事 by ex-T_Z » 火 4 17, 2018 1:30 am

スロバキア共和国で開発されているリアル水彩・アクリルガッシュシミュレータ「Rebelle」(Mac/Windows)がver.3を発表しました(3月1日以降購入者は無償アップグレード・メルマガ購読者は初回購入に限り割引あり)。

コード: 全て選択

http://www.escapemotions.com/blog.php?post=rebelle-3-when-traditional-meets-digital
rebelle2_grisaille.jpg
rebelle2_grisaille.jpg (162.33 KiB) 461 回 表示
キャンバスサイズはピクセル×dpi指定に対応、日本語ローカライズ(Preferencesより設定)、Retinaディスプレイとフルスクリーン表示対応、マスク(ステンシル)対応、Photoshop互換レイヤー合成モード、PSD・TIFF入出力、連番保存をサポート。アニメーション作画機能はありませんが幻想的なシーンにあわせたPSD互換レイヤーによる背景画像作成が可能。
 
Rebelle 2001.png
Rebelle 2001.png (39.13 KiB) 465 回 表示
paint_tools.jpg
paint_tools.jpg (200.55 KiB) 482 回 表示
注意:物理演算にIntel i7マルチコアプロセッサ、メモリ4Gb以上のGeForce・Radeon GPUボードを要求します。
ノートPC・MacBook Pro / iMac廉価モデルなどのオンボードGPU環境も水彩以外のブラシ(鉛筆・パステルなど)またはレイヤー1枚・カゲつけ作業可能ですが、物理演算機能を無効にしCPU温度と廃熱に随時注意して下さい。
 
Spoiler : デジタル背景ツール視点でCorel Painterとの違いを挙げると…(重要) :
  • ICCカラープロファイルの埋め込みはできません。
  • レイヤーは初期状態で「水張り」された状態になっています。
    表示モードの切り替えで「濡れ」「渇き」状態を可視化することが出来ます。
    不用意ににじませたくない・あとからぼかす塗り方が好みの方は一度「乾燥」させる必要があります。
    Painterの経験がない・にじみの特性が分かりにくい場合はレイヤーを分けて塗ったほうがいいでしょう。
    Rebelle_weta.jpg
    Rebelle_weta.jpg (21.68 KiB) 446 回 表示
    Rebelle_Wetb.jpg
    Rebelle_Wetb.jpg (19.88 KiB) 446 回 表示
  • ブラシクリエイター機能パネルは英語のままです(Corel Painter使いならだいたいわかる)
  • 他社カラーセット形式の読み込み・書き出し、カラーコード入力ができません。
    色見本データからスポイトして自作する必要があります。
  • CMYKプレビューをサポートしていません。
    CMYK分版PSDの作成にはPhotohsopが必要です。
  • チャンネル(マスク)の代わりに2bit PNG・TIFF「ステンシル」ファイルを使用します。
    ArtRage Studioステンシルとほぼ同等の使い勝手でライブラリに保存できます。
    また輪郭線をステンシル化すれば拡大縮小回転を重ねても線が劣化しません
    Rebelle 2004.jpg
    ArtRage Studioの経験があれば簡単に使いこなせます(パターン文様・塗りのはみ出し防止用マスクとしても利用可能)
    Rebelle 2004.jpg (26 KiB) 430 回 表示
  • パース・グリッドガイドはありません。
    ただし他ソフトで各ガイドを作成し「ステンシル」として配置すれば代替可能です。
  • グリザイユ技法のための「グレースケール表示」はエミュレーションです。
    PSD・TIFF・PNGのやり取りはRGBモードに変換してから行って下さい。
  • サポートへの連絡は英語・ドイツ語・スロバキア語のみになります。
JavaScript版もあります(保存不可)

コード: 全て選択

http://www.escapemotions.com/experiments/rebelle/index.php

有志作日本語マニュアル(1.5)
 http://www.escapemotions.com/products/rebelle/documents/Rebelle_Manual_v.1.5_JP.pdf
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

アバター
ex-T_Z
記事: 428
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

Re: 【補足】デジタル・グリザイユ技法

投稿記事 by ex-T_Z » 木 4 19, 2018 4:53 pm

Rebelle3発売&アップデート日時が4月30日に決定しました(日本時間5月1日)。
 
外部ツールからのガイド実体化レイヤー移植やはみ出し消去の為のステンシル作成が不要になります :D

 
キャラクター設定表を最前面表示できる「資料パネル」(ArtRage Studio同等)、現在の作業スケールはそのままに全体像をチェックできる「プレビューウインドウ」(クリスタ「編集中の画像を新規ウインドウ表示」同等)も搭載予定。
Rebelle3c.jpg
Rebelle3c.jpg (73.27 KiB) 392 回 表示
Rebelle3d.jpg
Rebelle3d.jpg (49.26 KiB) 392 回 表示
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

アバター
ex-T_Z
記事: 428
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

Rebelle 3(グリザイユ技法トピ)

投稿記事 by ex-T_Z » 火 5 01, 2018 5:05 am

グリザイユ技法を使った似顔絵デモ

 
米Smith Micro社がRebelle正規代理店契約を締結し販売を開始しました(北米圏向け)。
同社はアメリカ・カナダでクリスタ(Manga Studio 5)のパッケージ販売も行っています。

コード: 全て選択

https://my.smithmicro.com/rebelle-3-digital-paint-brush-program.html
Spoiler : 新機能:フリーハンド対応パース定規とにじみ抑制レイヤー :
なお開発元escape motionは現在Rebelle 3発売記念価格として50%オフセールを実施中です。



翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

ポストに返信