日本のアニメーション業界でTVPをお使いの方に注意喚起-Comment travailler avec TVPaint au Japon

TVPaintと関係なく、好きな主題について投稿することができます (To talk about anything else)
ポストに返信
高木宏紀
記事: 262
登録日時: 木 7 28, 2016 3:41 am

日本のアニメーション業界でTVPをお使いの方に注意喚起-Comment travailler avec TVPaint au Japon

投稿記事 by 高木宏紀 » 月 12 18, 2017 9:04 am

WIT STUDIO 高木です。
日本の商業アニメ制作においてRETAS互換でTVPaintを使用しているケースで、いくらか起きているトラブルを私の周囲でも確認するようになってきました。
ちょっとした作業担当者の注意で回避できる失敗事例をここで紹介させていただきますので、各現場で参考としていただければと思います。

[動画番号とタイムライン上のフレーム番号が一致しない事が理由で起きるトラブル]
RETAS STUDIO互換の環境でTVPaintで作業をされる際は

・インスタンス名に動画(ないし原画)番号を必ず設定する
・書き出し時インスタンス名(=動画・原画番号)を連番の名前として書き出しする

インスタンス名で連番画像を書き出しする方法としては
TVPaint11.0.8で追加された「書き出し/クリップ:レイヤーの構造ごと/JSON(.json+画像)」を使用するのが最適です。
20171218.jpg
20171218.jpg (446.76 KiB) 360 回 表示
TVPaintのタイムラインの基本的な考え方を無理矢理文章にすると「レイヤーA、最初のインスタンス、タイムライン4フレームから開始、デュレーション3フレーム」といった表記ですが
これをタイムシートの概念に置き換えると「Aセル動画番号1、4コマから6コマの間表示」といった表記になります。
しかし、TVPaint上では初期状態では「最初のインスタンス」は「動画番号不明」のため「動画番号(=インスタンス名)1」と定義しないと「タイムシートの考え方」と一致しない受け渡しをする可能性があります。
上の事例は「4番目のインスタンス(4フレーム開始・デュレーション1)として後から動画番号7を追加した」というケースです。
この場合は「インスタンス名:7」を設定した上で、
書き出しの際に「%04in(インスタンス名の4桁連番)」を設定しないと、フレーム番号で出力される可能性があり、意図した動画番号で出力することができません。
最初からインスタンスを追加する度にインスタンス名が番号で設定されるようにならないか開発には相談していますが、国外のユーザーと使い方が一致するかわからないとの事で、現状保留となっています。
インスタンス名の設定はレイヤーを最後まで完成させた後「名前を変更/スマートモード」で一括して付けることも可能ですので、設定する癖をつけていただくのが現状ではよいかと思います。

使われている各現場での注意喚起をお願い致します。

Translation : :
C’est Takagi de Wit Studio.
Je poste ceci car car j’ai remarqué  que beaucoup de gens avait ce problème lorsqu’ils travaillent avec TVPaint et Retas Studio.

« pourquoi le numéro du dessin et le numéro de l’image dans la timeline ne correspondent pas ? »

Lorsqu’on passe de TVPaint à Retas Studio, il est important de faire attention :

-aux noms des instances qui doivent correspondre au nom de l’image
-à exporter les images avec le nom des instances

Pour exporter les images tout en conservant le nom des instances, il est plus rapide d’utiliser le nouvel export de la 11.0.8  « export/clip : structure des calques/json »

20171218.jpg
20171218.jpg (446.76 KiB) 360 回 表示
Dans TVPaint, la timeline fonctionne sur le principe « calque A, première image, la timeline commence à l’image 4, la durée est de 3 images »
Si l’on retranscrit cela en timesheet cela donne « image A n°1, à partir de la case 4 jusqu’à 6 »
Cependant, dans TVPaint, chaque nouvelle instance n’a pas de numéro/nom, il faut donc définir que la première instance sera numérotée « 1 » pour retrouver le principe de la timesheet.
Dans l’exemple ci-dessus, la quatrième image dans la timeline est en fait la n°7 donc il faut renommer l’instance avec « 7 » avant d’exporter.
Il faut préciser « %04in » dans le name pattern pour avoir un nom de fichier vec 4 chiffres.

J’ai demandé à ce que les noms d’instances soit par défaut des numéros mais comme il y a d’autres utilisateurs ailleurs et que cela ne correspond pas forcément à leur habitudes, cela doit rester comme ça.
Il est maintenant possible de renommer les instances intelligemment (renommer l’instance/smart mode) donc cela compense cette lacune.

ポストに返信