さようなら TVPaint.

TVPaintと関係なく、好きな主題について投稿することができます (To talk about anything else)
ポストに返信
アバター
Fabrice
Site Admin
記事: 204
登録日時: 金 7 01, 2016 12:00 pm
お住まい: Metz
お問い合わせ:

さようなら TVPaint.

投稿記事 by Fabrice » 火 9 11, 2018 11:58 pm

日本の皆様へ

今現在、TVPのメールボックスにアクセスできなくなっているのと、そのメールアドレス自体が存在するかどうかも分からないので、この方法で皆さんに宛てたメッセージを書いています。

アニー賞の授賞式以来、フォーラムに投稿していませんでした(もし、授賞式の様子をまだご覧になっていない方は、このURLでご覧いただけますhttps://www.youtube.com/watch?v=esOs1G7_y4A)。今までTVPの複数のフォーラムに数多くの投稿をしてきましたが、このメッセージが多分、最後の投稿になります。

以下、近況をご報告します。

四年近くに渡り、私はTVPaint Développementの共同マネージャーとしてソフトウェアの開発と販売促進に携わってきました。

2018年2月3日、TVPのアニメーションに対する技術的な貢献を認められアニー賞のUB Iwerks賞を受賞することになりました。しかし授賞式の数日前、私の知らない間に、私の共同マネージャーとしての役職を解く目的の株主総会の開催が二週間後に決定されていたことを知りました。

授賞式のスピーチをするは非常に光栄なことでしたが、国外(米国と日本)に事務所を開設することに反対する多数派の株主達との意見の対立は、私にとって大きなストレスとなり、スピーチの準備は非常に困難な作業になりました。

授賞式直前にスピーチの内容の修正をしましたが、当日のプロンプターに表示される文の訂正ができませんでした。壇上では観客とカメラを前にした私は、役職を解かれる可能性もあり、極度に緊張していました。皆さんも、私がスピーチをする際、かなり躊躇しながら話していたのにお気づきになった思います。

その後、2018年2月16日に開催された株主総会の当日、私が素晴らしい業績を上げ、私個人の財務的および技術的な目標を達成したにもかかわらず、およそ3時間に及ぶ議論の末、多数派の株主達によって私はTVPの共同マネージャーの役職を解かれました。

私がマネージャーの役職に留まる動議に賛同したのは全体で見ると多数派でした。また、ほとんどすべての従業員が、私が役職に留まることを要求する意見書に署名しました。

人数では少数派でしたが、過半数の株を所有する多数派の株主は、意見を変えることなく私の解任を決定しました。

この決定及び、その前後に起こった様々な出来事により、私は健康を大きく損ない、会社で働くことも皆さんに連絡することもできない状態に陥りました。

解任され一社員となった後、2018年8月20日に私は解雇されました。

以下、現状を説明します。

2018年2月16日から、新しいマネージメント体制が敷かれ、会社の将来とソフトウェアの今後についての決定がなされました。私は、TVPユーザーのコミュニティーのためにも、既に準備されていたソフトウェアの開発計画が実行に移されることを心から願っています。

本来なら、この場で皆さんお一人一人との出会いについて語りながら感謝の意を表したいのですが、あまりに多くの方を一人も忘れずに挙げることは無理ですのでご容赦ください。

皆さんにお伝えしたいことは以下の通りです。

・学生の皆さん:学び舎における皆さんの技術の進歩と才能は、磨きをかける価値のある宝石の原石でした。

・プロのアニメーター/ベータテスターの皆さん:皆さんが制作した作品は、我々に与えられた使命であり、ご褒美でした。そして困難な問題に直面した時の原動力でもありました。

・私の同僚たち:我々は素晴らしいチームでした。共に過ごした素晴らしい時間を今後も皆さんが過ごすことができることを祈っています。

・ソフトウェアのユーザーの一般の皆さんへ:皆さんの今と将来のプロジェクトが実現することを祈っています。世界中の皆さんに愛用していただき感謝しています。皆さんの思いやり、助言、そして一緒に2Dアニメーション技術の未来についての議論したことにも感謝しています。皆さんのことは忘れません。以前は、皆さんの作品を技術者の目で見ていましたが、これからは一人の視聴者として楽しみたいと思います。

・そして、授賞式のスピーチで、私がためらい、言い直しながらも、 「この世界は、2Dアニメーションの黄金期の再来を実現を熱望している人たちと手を取り一緒に仕事をする、より良い機会を提供してくれる」と言うべき最適な機会であったかどうか自問している人たちに伝えたいことがあります。

今のところ、どんな形でかは明確ではありませんが、私の人生の長期的な目的は変わらないということです。それは、世界中でアニメーションが輝くために働くこと。そして今、この私の決心は今まで以上に固いものになっています。

既にいろんな方法で(メール、フォーラム、スカイプ等)で皆さんにお別れをした私の元同僚のティフェーヌ、二コラ、アメッド、クロディーヌ、エリック・ショール、トマ、エロディーに続いて、私の番が回ってきました。次の言葉を最後のメッセージにしたいと思います。

「覆水盆に返らず」(注:ソフトウェアでやり直しがきかなくなった時に使います)。

皆さん、本当にありがとう。

ファブリス


追伸:私と個人的なコンタクトを取りたい方や、私の今後の活動についてお知りになりたい方は、ソーシャルネットワークLinkedinのメッセージ機能を使うか、私のページをご参照ください。皆さんからのお便りをお待ちしております。
https://fr.linkedin.com/in/fabrice-debarge
Fabrice Debarge

アバター
ex-T_Z
記事: 407
登録日時: 日 4 30, 2017 12:30 pm
お住まい: Mac mini使い

Re: ごきげんよう

投稿記事 by ex-T_Z » 水 9 12, 2018 2:57 am

諸事情により英語で書き込みます。

--------
Monsieur Debarge,
 
Almost Japanese TVPaint user can not regist Linkedin account ; means "it will difficultly way to contact with you".
Translation : Written in English :
I translated Madame Moog, Monsieur Scholl and your the last message freely.

コード: 全て選択

https://forum-jp.tvpaint.com/viewtopic.php?f=42&t=400
 
IT may make up for a loss each other thing, however I wish everything OK.
And now, "look on the bright side of life".


On dirait que tu es très fatigué. Repose-toi un peu.
翻訳ご無用 / Ne traduisez pas pour eux, s'il vous plaît.

ポストに返信