ページ 11

パブリッシュパネル_Publish

Posted: 水 7 25, 2018 9:04 am
by 高木宏紀
プロジェクトの納品作業とバックアップを簡略化するスクリプトを作成しました。

作画ないし仕上作業が終了した際にボタンを押すと
・プロジェクト名を 作品名話数_カット番号_提出日付[工程]に半自動的に修正する
・指定してあるバックアップ先にバックアッププロジェクトを作成する
・指定してあるアップロード先にプロジェクトと画像書き出し(ExportJsonAuto-PNGと同じ動作)、カット概要の書き出し(CountImageMarksと同じ動作)を作成する
以上を連続して行います。



サーバにアクセスする事を前提にしているので、各スタジオでインハウスツールとして使う事を想定していますが、
アップロード先をローカルディスクに指定する事で「提出用データを一気に作成する」ツールとして、限定的に使う事もできます。

本スクリプトの初期設定として
・作品略称
・プロジェクトのバックアップ先(WIndowsマシンを想定した初期設定としてC:\tempにはしてあります)
・プロジェクトのアップロード先(親フォルダ、メインで使う子フォルダ名もしくは「なし」を指定)
・アップロード先のフォルダ構成(サブで使う子フォルダ名)
を行う必要があります。
以上の初期設定はプログラムの冒頭にまとめてあり、各自で修正できるよう、スクリプトを埋め込みにしてあります。
上記画像を参照してカスタマイズしてお使いください。

本プログラムの利用に関しても下記ルールを適用します。
・二次配布・改変は自由に行っていただいて構いません。
・元のプログラムの著作権は放棄しません。
・サポートはWIT STUDIO 高木が個人で対応できる範囲内であれば、対応します。

少々扱いに手間のかかる内容ですが、設定さえ済ませてしまえば作業後の段取りをかなり簡略化できると思います。

[19/11/25追記]
本パネルの仕様が煩雑すぎて扱いにくい為、大幅に仕様変更
(ネットワーク上のフォルダへの複製等の動作をやめてローカルで動作完結する形に)しました。
これに伴い、旧バージョンの配布と説明ビデオの公開を終了させていただきます。
ご了承下さい。

Re: パブリッシュパネル_Publish

Posted: 月 11 25, 2019 10:23 am
by 高木宏紀
パブリッシュパネルを大幅に仕様変更した上で更新しました。
サーバへのアップロード機能に関しては各現場のOSやネットワーク環境に影響を受けやすいので、
その機能を排除して「提出フォルダ作成」のみに特化した内容に変更しました。

・CheckProject: 提出フォルダ作成時にタイムライン上の支障になる個所をチェックして指摘

・Publish: CheckProjectを通過したクリップを書き出し
 (連番画像+タイムライン情報+チェックムービー+クリップ情報+プロジェクトのバックアップ作成)
 機能的にはExportJsonAuto→ExportMov→CountImageMarks→BackupProject(今回新規記述分)になります。
Publish2説明_191125.png
同時にYoutube説明動画を作成しました。


パネルを使いたい方はPublishProject.tvpxのみ取得して下さい。
カスタマイズを行いたい方のみ、各ソースデータを取得して下さい。